11月23日 例会メモ

ボールペンと紙幣の復習とカードマジックの講習がありました。

カードマジックの現象は

10枚程度のカード(パケット)を取りだして、その中から客に1枚選んでもらう。
そのカードを覚えてもらってから
客のカードをパケットの中ほどに差し込んでもらう。
そのパケットをデックの上でよくそろえ、軽くシャッフルし、
数回カットしてから一番上のカードを表向きにする。
「このかーどが覚えたカードだった時は」
裏向きにしてテーブルに置く。
「テーブルに置いた時に手で押さえてください。」
違う場合は次々とテーブルに裏向きで捨てていく。
客は覚えたカードが出たときに手でそのカードを押さえる。
「そのカードでしたか。もう一度見せてください」
客がカードを表向きにすると違うカードである。
演者の額には客が押さえていたはずのカードがくっついている。

他にどういう見せ方が出来るのかと提案された方法
(赤字部分は原案と異なる部分)

方法1:客のカードをパケットの中ほどに差し込んでもらう。
     数回カットしてから、一番上のカードを表向きにする。

     「このかーどが覚えたカードだった時は」
     裏向きにしてテーブルに置く。
     「テーブルに置いた時に手で押さえてください。」
     違う場合は次々とテーブルに裏向きで捨てていく。
     客は覚えたカードが出たときに手でそのカードを押さえる。
     「そのカードでしたか。もう一度見せてください」
     客がカードを表向きにすると違うカードである。
     演者の額には客が押さえていたはずのカードがくっついている。 

方法2:客にパケットを渡してその中に返してもらう。
    客に良く混ぜてもらう。

    そのパケットを受け取り、軽くシャフルしてカットする。
    一番上のカードを表向きにする。
     「このかーどが覚えたカードだった時は」
     裏向きにしてテーブルに置く。
     「テーブルに置いた時に手で押さえてください。」
     違う場合は次々とテーブルに裏向きで捨てていく。
     客は覚えたカードが出たときに手でそのカードを押さえる。
     「そのカードでしたか。もう一度見せてください」
     客がカードを表向きにすると違うカードである。
     演者の額には客が押さえていたはずのカードがくっついている。

天海師がポール・ハリス氏から直接教えていただいたマジックだとのことです。

ポール・ハリスと言っても「ロータリークラブの創始者」ではありません。
「リセット」の作者のほうです。
お札にメガネを描いて動くマジックも彼の売りネタです。

貨幣損傷等取締法違反でフレンチドロップのオーナー始め数人が逮捕されました。
巷ではパンクチャーが発端ではないかとの噂が・・・
でも、今回臨時参加のtomyさんがパンクチャーを持っていたのには驚きました。
見せてもらったらなるほど、これはひどい。
テレビで解説していたシガースルーコインなど、これに比べれば芸術品だね。

tomyさん、茶運び人形が完成したら見せてくださいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Tomy
2006年11月25日 04:50
パンクチャーですが、あれから家でDVDを見て練習しました。多少うまくできる様になりましたが、まだまだ。今度の新年会で見せれるように頑張ります。あと本日(11月25日)と明日国際マジックFestival in 下呂に行ってきます。神藤さんのMagicが久々に観られるようです。また結果を報告します。
Tomy
2006年11月27日 02:04
国際マジックFestival in 下呂に行ってきました。非常に有意義な2日間でした。25日はレクチャーが終わったのは夜の11時15分でしたので非常に眠かったです。ところでコンテストでは、Sさんは残念でしたが入賞はなりませんでした。本人曰く練習不足とのこと。でも私からみると結構工夫し、かなり練習をされたように思いました。とにかくコンテストに参加するというチャレンジ精神に感銘しました。今回は1位はなく、2位が2名、そして3位と特別賞。特別賞には高知からきた高校生が演じたルービックキューブでした。今回1位がなかったのは、審査委員長の小野坂東氏曰く、いずれの人ももう少し一工夫あるいはもう少しインパクトが欲しいということでした。来年は今まで受賞された人でのグランプリを実施したいとのコメントもありました。
今回のレクチャーは将魔、藤原那恭氏、フランスからみえたバレリーさん(ドレスチェンジ)の3名でした。藤原那恭氏のレクチャーは非常にためになりました。バレリーさんのもなるほどと感激しました。(演技が華麗でした。)アメリカ赴任の経験が生きて英語で話も出来ました。また詳細は新年会にでも報告します。
YN
2006年11月27日 11:46
Tomyさん、ご報告ありがとうございます。
アメリカ赴任の成果がいきたようで、よろしかったですね。いずれお聞かせください。
miwatyan
2006年11月28日 09:51
皆元気で悦ばしく思います、新年会には沢山の出し物がありそうで楽しみじゃノー、風邪気味なので治さにゃならぬ。