4月14日例会メモ

DP GROUPのトリックカードコレクション 6135メモリーテストと 6236選ぶのは赤いカードの講習を行いました。 今日から天海先生が復帰されました。 oh!noさんによるカード当てマジック概論パートⅡの講義がありました。 「メモリーテスト」はカードを袋に入れる前に4枚であることを確認しないのが引っかかります。 「赤…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

3月24日例会メモ

会長によるカード当てについての特別講義と「ドリームトンネル」の講習を行いました。 「ひっくり返るカード」の手順の説明とダブルリフトの方法の解説がありました。 スリップカットフォース(左手親指でカードをリフルしてストップをかけてもらうフォース)についてのタイミングとショートカードを用いたカード当ての実演と解説がありました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

3月10日例会メモ

OH-NOさんによる特別講義がありました。 カード当てマジック概論パート1 カードを当てる方法についての解説と実演がありました。 また、会員各自が好むフォーシングについての意見交換があり、有意義な今までにないアカデミックな例会になりました。 取り出し方については、演出が大切なことがよくわかりました。 取り出し方が違うと、同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2003年の教材一覧

クリップアットプラス 折り紙メッセージ 不思議な数字の予言 ブロックミステリー リバイビングシート 二つのダイストリック 予言の書ノストラダムス シガレットスルーカード 一枚のカードを透視する さっかく定規 カラーチェンジウォンド エッグネスト マネースプラッシュ ロープ&ストロー 切れてナイフ 伸びる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2004年の教材一覧

ミリオンファンカード ロープ 紙幣とキャッシュカード ゴーストペット  テレビで開発過程の紹介のあったテンヨーのマジック これでもかエレベーター マイチョイス・ユアチョイス ルーレットカード アニメーションカード  エンジェルが選んだカードを当てる ザッププリンター  ケースをはじくと目の前でカードが変化する …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

A BOOK OF MAGICAL WORLD (連載その8)

EPILOGUE ③  簡単にできるマジックをひとつ。    マジックでは、*******。  ********超能力マジックとして使うものです。  両手をあらため、ポケットからコイン(私はイタリアの100リラコインを使っています。ゲームセンターのコインでもよいでしょう。)と金属の棒(背広のボタンホールに使うジョーク商…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

A BOOK OF MAGICAL WORLD (連載その7)

EPILOGUE ②  新しいアイデアが生まれるのに、『必要は発明の母』という場合もあります。  彼は、ステージでリングのマジックをすることになりました。  いろいろなルーティンがありますが、彼は楽しい雰囲気でリングの造形をしようと考えました。自分のキャラクターがユニーク(と言われる)なので、スマートな演技は向かないと思っ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

A BOOK OF MAGICAL WORLD (連載その6)

EPILOGUE ①  面白いマジックを見ることが、オリジナルを考案するきっかけの一つです。  彼はテレビで、左手のひらに置かれたペンダントが、右手で覆い、軽くなでると消えてしまうというマジックを見ました。  消える前も後も左手はあらためられなかった事から、彼は左手の甲にポケットをくっつけることにより、同じ現象を演じてみま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2月10日例会メモ

「硬直ロープ」と「イン・ザ・バッグ」の講習を行いました。 硬直ロープ・・・ロープの先端を結び、気合を入れると垂直に立ったまま硬直します。  合図とともに硬直が解けて柔らかなロープに戻ります。 その後ロープの両縁をしっかり持ってもらい、シルクを出して真ん中にかけます。 シルクを結びますが、気合とともにシルクの結び目を引っ張りあげる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A BOOK OF MAGICAL WORLD (連載その5)

第3章 STAGE MAGIC  ステージマジックがテーブルマジックと異なる点は、それが大人数を対象にしていることと、演技の場にステージが必要なことです。  そして根本的に異なる点というのが、ステージマジックは全て虚構の世界における幻想を演出するものであるということです。  ステージマジックのセットは、ほとんど人為的で非日常的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A BOOK OF MAGICAL WORLD (連載その4)

第2章 TABLE MAGIC  あなたがマジックを人に見せるときに、最も手軽に演じることのできるものは「テーブルマジック」です。  テーブルマジック(クロースアップマジック)は、ポケットに入るもので、またコインや紙幣などその場にある身近なもので場所を選ばずに演じることができます。  あなたは、喫茶店やレストラン、公園のベンチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A BOOK OF MAGICAL WORLD (連載その3)

第1章 SHOWMANSHIP 3  しかしマジックでは、「上手なマジシャンは良い観客」とは言えません。  かえって良い観客になることのほうが難しいのです。  あなたは、いくつかのマジックをマスターすると、デパートに売っていないもの、自分の持っている本に載っていないものを求めて、同じ趣味の仲間にマジックを見せてもらうようになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A BOOK OF MAGICAL WORLD (連載その2)

第1章 SHOWMANSHIP 2  魚釣が趣味である人に「魚を釣ってよ」とか、ゴルフが趣味である人に「ゴルフをして見せてよ」とは言いませんが、あなたには、たとえ道具を持ち合わせていなくても、準備がしてなくても、今すぐにここでマジックをして欲しいと要求します。  その時にあなたは、道具を持っていないとかの理由で断ったことがあるで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A BOOK OF MAGICAL WORLD (連載その1)

第1章 SHOWMANSHIP  マジックに興味を持つことになるきっかけはいろいろあります。  親またはおじさんがマジックを見せてくれた。テレビでマジックを見てまねをしたらみんなに受けた。デパートの手品用品売り場で驚いた。手品道具をもらった。大学のサークルに入ってしまった等等等。  これらの罠の一つにはまり、あなたはマジックが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電卓を使ったOPECの話 (こんな感じだったかな)

相手に電卓を渡して話し始めます。 「中東でOPEC石油輸出国機構の臨時総会が開かれました。イラク戦争後原油価格が不安定になっているので、産油国が集まって原油価格の最低額を決めようというのです。」 「サウジの国王が言いました。私の国は1バレル142ドルで売るつもりだ。」 『電卓に142と打ってください』 「イランの代表が言いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月27日例会メモ 持ち物:電卓

「予言のミステリー」の講習を行いました。 現象:1枚のカードに4×4のマスが描いてあり、それぞれのマスに数字が書いてある。 任意の数字に丸をつけ、その数字の列と行に線を引く。 線が引かれていない残りの数字のうち任意の数字に丸をつける。その数字の列と行に線を引く。 繰り返して3つ目の数字に丸をつけ、最後は残りの数字に丸をつける…
コメント:0

続きを読むread more

愛好会メンバーの皆様へごあいさつ

2月の予定連絡はがきを最後に3月以降は「証拠書類」となる 「連絡はがき」が送られなくなります。 ブログで代行できるか試行します。クラブでの質問などにも使ってください。 このブログは「公開」になりますので、種明かしにならないように お互い気をつけましょう。 「連絡帳」の中に「お知らせ」を作りました。最初に「お知らせ」を見てくださ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more